【手作り】小学生の手提げ袋の作り方!簡単に世界で一つだけの手提げ袋が作れます

小学校で使用する手提げ袋の簡単な作り方を紹介します。

小学校では、お道具箱や工作に必要な材料を運ぶ為、そして作品を持ち帰るためにも使用します。

手提げ袋はレッスンバックとしても使用できます。一つで色々使用できる手提げ袋ですが、裁縫が苦手な私でも簡単に作ることができます。

今回は、来年小学校に上がる年中の男の子用のバックを作成しました。持っているのは年中の長男です。

マチや裏地もついています。

手提げ袋の材料を紹介します

  • キルティング生地表用のメイン生地と表面底布用のメイン生地です。
  • 普通生地裏地です。
  • カラーテープ持ち手用です

他にもアイロン・チャコペン・定規・ミシンを使用します。

素材は通販で購入しました。生地が大きいので手芸店や通販で購入するのがおすすめです。

<作り方①>生地やカラーテープを裁断します。

表面のキルティング生地を3つ、全て縦24×45で裁断します。

ポケット用にも生地を裁断しておきます。

裏地に使用する生地は縦68×45に裁断します。

カラーテープは長さが29㎝に裁断しそれを2用意します。幅は2.5㎝の物を使用しました。

<作り方②>キルティング生地の端をジグザグ縫いします

表面に使用するキルティング生地とポケット用に、周りをほつれない様にジグザク縫いをします。

本体のキルティング生地は、裏地がつくのでいらない行程だと思ったら削除しても大丈夫です。

私は、作業中にボロボロほつれるのが嫌なので、ジグザグ縫いしておきました。

<作り方③>ポケットを作る

ポケットの裏面に上は2㎝、それ以外の周りを1にしてチャコペンで線を引きます。

上の2㎝で二つ折りをしてまち針をします。

上から1.5㎝くらいの位置をミシンで縫います。

チャコペンで書いた線をミシンで縫います

ここまで出来たら置いておきます。

<作り方④>表面を縫い合わせる

キルティング生地3つ並べ配置を決めます。

決めたら、裏面にして縫い代1㎝を縫い合わせて行きます。

生地の大きさが少し違っていたので、採寸や裁断する際は気を付けて下さいね。

縫い合わせたら、裏返し縫い代を広げてアイロンをかけます。

3つの生地をつなぎ合わせて表の生地が完成です。

<作り方⑤>ポケットを表の生地に付ける

本体にポケットを付ける位置に印を付けます。大体縦14×12.5㎝ぐらいの場所に付けます。中心になるように注意しましょう。

そこへ作ったポケットを重ねて、ずれないようにまち針をつけます。

ポケットの端をミシンで縫い付けいきます。

まち針の上をミシンで縫っていくとミシンの針が折れたり曲がったりしますので、気を付けてください。

ゆっくりのスピードなら縫いやすいです。

縫い始めや縫い終わりはしっかり返し縫いをして縫いましょう。口の端を三角形に縫うようにするとより頑丈です。

<作り方⑥>持ち手を裏生地に縫い付ける

裏生地の端から14.5㎝にチャコペンで印を付けて、持ち手を置きまち針でとめてミシンで縫い付けます。

取れにくい様に三角形の形に縫い付けました。出来たら両方縫い付けました。

<作り方⑦>表生地と裏生地を縫い付ける

表生地と裏生地を合わせて持ち手の面のみ、縫い代1㎝で縫い付けます。

赤線の所を縫っていきます。赤矢印の部分は返し口にするので、縫いません。

側面はまだ縫わず、表生地と裏生地の真ん中を持ち上げて、横に倒して表生地と裏生地に分けます。

表地と裏地の境目はアイロンをかけて縫い代を開きます。

側面を縫い付けるポイントは、生地がずれるとまずいので境目がずれない様にまち針でとめましょう。

側面の端から1㎝の赤線の部分を縫い付けていきます。

<作り方⑧>マチを作る

1×2㎝のチャコペンで線を引き、切っていきます。

縫い代を開いて、端から1㎝ジグザグ縫いします。

表面生地と裏面生地の全てにマチを作ります。

<作り方⑨>返し口から生地をひっくり返して、袋口を縫う

返し口から生地をひっくり返します。

裏の生地を表のキルティング生地の中に入れ込みます。

袋口を上から0.5㎝ぐらいのところで縫います。それが出来たら、更に1㎝の所を縫って合計二回縫います。

そうすれば出来上がりです。

まとめ

手作りなら好きな生地で作成できる上、出来上がったとき子どもが大変喜んでくれました。

手提げ袋ですが、大変簡単で裁縫が苦手な私でも簡単に1日でできました。

手作りなので世界に一つだけの手提げ袋が出来るので、良かったら是非チャレンジしてみてくださいね。

-入学準備

Copyright© ランドセル 人気 , 2020 All Rights Reserved.