ランドセル カラー

ランドセルの色の選び方

「最近のランドセルってカラフルで何色を選べばいいの?」
「今年の人気カラーは何色なの?」
「あんまり派手な色だといじめられたりしないの?」

ランドセル選びのポイント
この記事では、そんな悩みを解決出来るように、ランドセルの色に関することをまとめました。

選んだ色によっては後悔することもあるランドセル選び。

慎重に、できれば楽しくお子さんと選びたいですよね。

ランドセル選びのポイント
僕たちがワクワクして学校に通えるようなランドセルを一緒に選んで欲しいな。

この記事では

  • ランドセルの色を決める時のポイント
  • 2021年入学モデルの人気色
  • 先輩ママ・パパの色選びの失敗談
  • カラー別のおすすめランドセル

など、ランドセルの色を決める時のポイントをまとめました。

この記事を読んでもらえたら、ランドセル選びで失敗することがなくなります。

気になるところだけでも参考にしていただけたらうれしいです。

【2021年入学モデル】流行のランドセルの色は?

2021年入学モデルのランドセルの人気の色は?

一昔前までは男の子は黒、女の子は赤がランドセルの定番でしたが、近頃は色の種類も増えてカラフルになってきました。

では、2021年入学モデルはどんな色が流行りなのか、2020年の人気カラーを参考に見てみましょう。

ランドセル工業会の資料と当サイトの1000人アンケートの結果を元に検証しました

女の子に人気のランドセルの色

女の子に人気のランドセルのカラー

2019年〜2020年に購入されたランドセルで女の子に人気の色は赤系でしたが、薄い紫系のランドセルもピンクと並んで人気になってきました。

基本はまだまだ赤系が人気ですが、全体を通しても偏りが無くなって、よりカラフルになってきたように思います。

茶色系や水色系のランドセルもよく見かけるので、娘さんの気に入ったカラーを買ってあげるのが良いと思います。

ランドセルのフチが違う色のコンビカラーも流行しています。

ランドセル選びのポイント
個人的にはネイビーのランドセルは賢そうに見えて可愛くてお洒落なのでおすすめです。

男の子に人気のランドセルの色

男の子に人気のランドセルのカラー

2020年入学モデルのランドセルで男の子に人気のカラーは今年も黒ベースでした。

黒と言っても数年前までとは少し様子は変わってきています。

ランドセル全体は黒がベースですが、フチやステッチの色、背あての色などをアクセントカラーに使っているものが増えています。

ですので、新1年生の通学の様子を見ても思っている以上に、男の子のランドセルもカラフルです。

青や茶色系、緑系のランドセルもよく見かけるようになりました。

ランドセル選びのポイント
深緑のランドセルが賢そうに見えてかっこよかったです。

 

先輩ママの口コミでわかる!ランドセルの色決めの失敗談

ランドセルの色を決める時に失敗したという先輩ママの口コミをいくつか紹介しますね。

ランドセル選びのポイント
前もって失敗談を知ることで、自分が失敗しないようヒントにしましょうね。

よくある色の失敗①:色に飽きてしまって嫌がりだした

かなり派手なランドセルだったので心配していたのですが、案の定4年制になると恥ずかしいと言い出しました。 買う前に「飽きたり恥ずかしくなっても卒業まで使う」約束をしていたので我慢して通っています。 親として、もう少しキツめに言ってあげたほうが良かったのかなと思いましたが、約束を守って使ってくれているので良かったです。

よくある色の失敗②:やっぱりあの色が良かったとゴネだした

女の子なんですが、パール系の水色のランドセルを欲しがったのですが、私があまり好きじゃなかったので「学校の決まりで赤かピンクしかダメなんたって」と嘘をついて納得させました。 実際に学校が始まると水色やパープルなど、カラフルな友達がたくさんいました。 それを見て子供から「水色のランドセル持ってる友達いたよ、私も水色が良い」とゴネだしました。 嘘をついてまで自分の意見を押し付けたことを後悔しています。 かと言って買い換えるほど余裕もないので、渋々使っています。

 

ランドセルの色を決める時に起こりがちな問題

ランドセルの色をお子さんと一緒に決める時に、起こりそうな問題を前もって知っておきましょう。

ランドセル選びのポイント
できるだけ楽しくワクワクしながら選べるように参考にしてくださいね。

よくある色のトラブル①:定番カラーを選ばずに派手なデザインを選んで困る

ランドセルのカラーバリエーションが増えて、学校の規制もゆるくなっています。

とは言っても、あまりに派手すぎるランドセルだと、親としては少し心配になります。

高学年になって恥ずかしくなったり、飽きてしまう子供もいるそうなので不安です。

ランドセル選びのポイント
個人的には「あまり気にせず、子供が気に入った色を選べばいい」と思います。

購入前にしっかりと話し合って「途中で嫌になっても6年間使うんだ」ということを納得されば大丈夫です。

よくある色のトラブル②:小学校に通うようになってから色がイヤだとゴネられる

ちゃんと話し合っていても、いざ学校に通い出すと「やっぱりこの色イヤだ」みたいにゴネる子もいます。

子供が納得するように説明して約束していても、ゴネる子はゴネます。

子供の性格の問題もあるので、割り切って対応するほうが良いでしょう。

「約束したでしょ!」と叱ることも必要です。

ランドセル選びのポイント
購入前に「あなたの学校は黒系か赤系のランドセルしかダメなの」みたいな嘘をついて納得させるのは辞めましょう。

学校に通いだして、自分の本当に欲しかった色のランドセルを友達が使ってるのを見て、子供が悲しい思いをします。

よくある色のトラブル③:色は同じなのに予算以上に高いものを気に入ってしまって困る

どこの家庭もランドセルに出せる予算は決まっていると思います。

展示会や専門店、イオンなどにランドセルを見に行くときは注意してください。

展示会などでは、カラーバリエーションや種類も豊富で、高級ランドセルもたくさん揃っています。

子供は予算など知らないので、たとえそれが10万円でも、気に入ったランドセルを欲しがります。

ランドセル選びのポイント
このサイトで紹介しているブランドでしたら、ランドセルを購入する時に実際に背負ってみる必要性は大きくありません。

素材の質感や、縫製を確認する程度で大丈夫なので、親だけで確認しに行けばOKです。

それよりもネットなどである程度、親が絞り込んだものの中から選ばせるのが良いと思います。

 

ランドセルの色を決める前に確認したい重要なポイント

ランドセルを選ぶ時、色はとても重要です。

色の種類もたくさんあって、本当に悩みます。

子供と親の好みが全く違う時なんかはさらに大変です。

まずは、お子さんと話し合う前にランドセル選びのポイントを確認しましょう

長く飽きずに使えるデザインなのか?

小学校の6年間で子供は大きく成長します。

色の好みや好きなキャラクターもどんどん変化します。

あまりに幼稚なキャラクターや子供っぽいデザインを選ぶと、飽きてしまう可能性があります。

高学年になっても使えるデザインやカラーを選びましょう

あまり派手すぎると目立ちすぎて友達の中で浮かなのか?

最近のランドセルはカラーバリエーションも豊富で、定番のカラー以外のお友達もたくさんいます。

目立ちすぎてしまうなどは、あまり意識する必要はありません。

男の子ならゴールドやシルバーのランドセル、女の子なら白のランドセルでも全く問題ないと思います。

ランドセル選びのポイント
ちなみに私の娘は白に近いアイボリーのランドセルでしたが、大満足の6年間でしたよ。

親としては、どこにいても自分の娘ってわかるのも良かったです。

ココに注意

学校や地域によっては色指定のところもあるので、事前に確認しましょう

汚れは目立たないか?

キラキラ素材のパール系のランドセルや淡い色のパステルカラーが人気です。

パステルカラーとか淡い色だと傷とか汚れが気になりますよね?

でも、安心してください!

人工皮革の進化で「傷がつきにくく汚れにも強い」素材が開発されています。

工房系の天然素材にも特殊な撥水加工がされていて、汚れがつきにくく、汚れても手入れがしやすいものが多いです。

ランドセル選びのポイント
娘も実際に白のランドセルを6年間使いましたが、多少の汚れはついたけど、全く問題なく卒業まで使えました。

ですので、濃いランドセルよりは多少汚れやすいぐらいの認識で大丈夫だと思います。

ただ、男の子のようにランドセルを放り投げたりすると、さすがに傷がつく恐れはあります。

ですので、どちらかと言うと淡い色は女の子向けかなって思います。

 

ランドセルの色選びで失敗しないためのコツ

ランドセルの色選びのポイント

ランドセルの色を決める時に親の意見と子供の希望が違うことがよくあります。

「子供に決めさせてあげたいけど、派手すぎるのは・・・」

「高すぎるランドセルを欲しがられても困る」

など、悩むことがあるかもしれません。

そこで、ランドセルの色選びを子供と楽しくできるように、失敗しないコツをまとめましたので参考にしてください

子供の好みをしっかり聞く

まずは、親の希望と子供の好みは違うことが多いということを理解しておきましょう。

親は「飽きたらどうしよう」「汚れたらどうしよう」など色々と考えてしまいますが、子供は好きか嫌いかだけで判断します。

なので、まずはお子さんがどんな色が好みで、どんな色のランドセルが好きなのかを知っておきましょう

親の意見を押し付けない

子供の好みと親の意見が別れてしまった場合は、親の意見を押し付けるのはあまりおすすめできません。

できるだけ子供の意見を優先させてあげましょう。

実際にランドセルを背負って学校に通うのは子供なので、ワクワクしながら通えるようにしてあげたいですよね。

ランドセル選びのポイント
1000人アンケートの結果でも8割近い家庭で子供に自由に選ばせています。

とは言っても、あまりにも奇抜なデザインを選ばれると困るなって思うご家庭もあるかもしれません。

そんな親御さんのために、子供の意見を尊重しつつスムーズにランドセルの色を決めるコツを紹介します

色選びのコツ1|実店舗に行く場合は注意が必要

ランドセルを選ぶ時に実際に背負わせてから購入したいと思う親御さんは多いと思います。

ただ、実店舗に行く場合は注意が必要です。

ランドセルを取り扱っているお店にはたくさんの種類のものが展示しています。

かなり高額なものもありますし、奇抜なデザインのものも展示していることもあります。

お子さんがそれを欲しいと言い出したら少し面倒になってしまいます。

ですので、お店にランドセルを見に行かないというのも一つの手段です。

背負わせてみたいという気持ちはわかりますが、子供の成長はかなり早いので、その時の体格と実際に通い出した時の体格が大きく変わっていることはよくあります。

ですので、実際に背負ってみる必要はそこまで重要ではありません。

そういった流れもあり、ランドセルはネットでの購入が主流になりつつあります。

当サイトの紹介するランドセルでしたら十分満足して頂けると思います。

色選びのコツ2|色やブランドをある程度絞ってから子供に選ばせる

ランドセルの色やデザインを決める時に一番大切なポイントは、親がある程度絞り込んでから、子供に選ばせるということです。

各ランドセルブランドのカタログを取り寄せて、切り抜いたりする方法も良いですが、ネットだともっと楽ちんです。

スマホなどで良さそうなランドセルのスクショを取っておいて、その中から選ばせると本当にスムーズです。

お子さんの好みに合わせて10種類ぐらい選んであげておけば、お子さんも自分で選んだ気持ちになります。

あとは、その気に入ったランドセルをポチッとすれば購入完了。

おじいちゃん、おばあちゃんにプレゼントしてもらうなら、購入先のURLを送ってあげるだけなので、安心です。

余計な手間もかけないし、思ってもいないランドセルが贈られることもないです。

ランドセルの色を選ぶポイント

 

黒色系ランドセルのポイント【ブラック、コンビカラー】

ランドセル 黒 ブラック

男の子のランドセルの定番色「黒」はランキングでも常に1位で半数以上を占めています。

同じ黒でも最近は側面やかぶせの色が違うコンビカラーや、フチやステッチに青や赤などのアクセントカラーを使ったものが人気です。

黒色系のおすすめランドセル>>

 

赤色系ランドセルのポイント【ピンク、ワインレッド、ローズ】

ランドセル 赤 レッド

女の子の定番といえばやっぱり『赤系』のランドセル!!

飽きがこないことも赤系ランドセルの魅力の1つですね♪

最近は赤でも少し印象の違う赤や、可愛い印象のピンク、ちょっと落ち着いた印象のワインレッドやローズなども人気です。

赤色系のおすすめランドセル>>

 

青色系ランドセルのポイント【ブルー、紺、水色】

ランドセル 青 ブルー

青色系も黒と並んで男の子には人気のカラーですね。

子供らしさと爽やかなイメージが魅力的で活発な印象を与えます。

同じ青系でも、水色は女の子に人気で、元気で可愛い印象で個人的には大好きです♪

ネイビーなどの濃いめの青になると、かしこそうな印象を与えますね♪

水色系のおすすめランドセル>>

 

茶色系ランドセルのポイント【チョコレート、茶色、ベージュ】

ランドセル 茶色 ブラウン

茶色系ランドセルは「上品で大人っぽい印象」が人気です。

確かに茶色系のランドセルは落ち着いたイメージで高学年になっても自然に背負えるランドセルというところがポイントですね!

最近はチョコレートなどの濃いめの茶色が人気あります♪

茶色系のおすすめランドセル>>

 

シルバー系ランドセルのポイント【シルバー、ホワイト】

ランドセル シルバー 白

シルバーやゴールド、ホワイトといったランドセルは、意外と派手派手じゃなくて個性的でかっこいいと思います。

最近は素材も傷が付きにくいのでワンパクな子供にも安心して使っていただける!

個性的な色が好きな子供にはオススメです!

シルバー系のおすすめランドセル>>

 

ゴールド系ランドセルのポイント

ゴールド系のおすすめランドセル>>

 

紫色系ランドセルのポイント【パープル、ボルドー、ラベンダー】

ランドセル 紫 パープル

じわじわ人気が上昇中の紫系のランドセル。

淡い藤色の様なものから、上品な濃いめの紫までカラーの種類も豊富に発売されています。

『お姫様のような印象』と『上品で優雅』な印象が女の子から人気です。

紫をベースにフチにピンクを使ったコンビネーションカラーなども、女の子らしいお洒落なコンビカラーだと思います!!

 

緑色系ランドセルのポイント【グリーン、エメラルド、ミント】

ランドセル 緑 グリーン

色味によっては印象がガラッと変わるのが緑色系のランドセル。

エメラルドやミントなどの明るい緑は元気なイメージで女の子でもOK。

そして深みのある緑は上品さがあって優等生に見えちゃいます。(笑)

そして明るめの緑は女の子に人気、深みのある緑は男に人気ということがわかりました!

まだ、そこまで持っている子供も少ないので、人と違った色が良いなって人はチェックしてもいいと思います!

 

 

珍しい色のランドセル

最近は本当にカラフルなランドセルが多いんで、少々派手でもそんなに珍しくないんですけど、カッコいいなぁって思った珍しい色のランドセルを紹介します。

萬勇鞄 オラージュ

ランドセル 2019 萬勇鞄

ゴールドとシルバーの特殊素材が目を引くカッコいいランドセル。

ゴールドとかシルバーって聞くと派手なイメージがあるんですけど、実際に見るとそこまで派手な印象もなくて

めちゃくちゃカッコいいんですよ!

表面もカーボン調に加工してあるタフガードを採用しているので傷もつきにくくおすすめです。

萬勇鞄 オラージュの詳細→

 

キッズアミ デニモ

ランドセル 2019 キッズアミ デニモ

デニム調のカラーが印象的なおしゃれなランドセル。なんと素材も本革です。

前ポケットのデザインなど、細かい部分もデニム感たっぷりで可愛いですよ♪

キッズアミ デニモの詳細→

 

淡い色のランドセルでも大丈夫?

淡い色のランドセル

最近のランドセルはカラフルでみているだけでワクワクしちゃいます。

キラキラ素材のパール系のランドセルや淡い色のパステルカラーが人気です。

パステルカラーとか淡い色だと傷とか汚れが気になりますよね?

でも、安心してください!

人工皮革の進化で「傷がつきにくく汚れにも強い」素材が開発されています。

クラリーノやタフガードを採用しているランドセルでしたらパステルカラーでも安心です。

ただ、男の子のようにランドセルを放り投げたりすると、さすがに傷がつく恐れはあります。

ですので、どちらかと言うと淡い色は女の子向けかなって思います。

 

ランドセルの色でいじめられるって本当?

ランドセルの色でいじめられる?

あんまり奇抜な色のランドセルを持っていっていじめられたりしないか心配なお母さんもいるかも知れません。

数年前に一度、テレビなどでも話題になっていたので余計に気になりますよね。

でも、最近はカラフルなランドセルを使う子どもたちが増えているので、そこまで気にする必要はないと思います。

ただ、黄土色のランドセルに対して「うんこみたいな色やな」とか、男の子が赤系のランドセルを持っていたら「女みたいやな」みたいな感じで冷やかされたりすることはあるかもしれません。

それをいじめと感じるかどうかも本人次第だと思います。

どうしても心配な場合は、無難なカラーにするほうが良いかもしれません。

また、地域によってはほどんどの子供が黒か赤の場合もあるので、お子さんが通う学校の傾向は確認しておいたほうが良いかもしれません。

個人的な意見としてはあんまり気にせず気に入ったカラーのランドセルで良いと思います!

 

ランドセルの色選びで後悔しないポイントまとめ

ランドセルを選ぶ上で色選びは重要なポイントです。

あんまり派手な色にすると高学年になると嫌になったり、飽きてしまったりすることもあります。

かといって、そればっかり考えていると定番の黒か赤を買うのが無難ってことになってしまいます。

もちろん無難なカラーを買うのも良いと思いますが、せっかくたくさんのカラーが発売されているので、お子さんの気に入った色のランドセルを買ってあげることをおすすめします。

どうしても、無難な色にしたい場合は、親の許容範囲のものから上手く誘導してあげてくださいね。

最終的に子供の選んだものが一番だと思いますよ。 仲良く楽しく選んでくださいね♪

 

ランドセル|おすすめのランドセル2021年
ランドセル|おすすめのランドセル2021年

 

-選び方

Copyright© ランドセル 人気 , 2020 All Rights Reserved.