【手作り】ランドセルの肩ベルトカバーの作り方!簡単に可愛くアレンジ

肩ベルトカバーの簡単に手作りできる!?

肩ベルトカバーはランドセルを背負ったときの肩の負担を減らしてくれる優れものです。

市販でも勿論売っていますが、値段は800円~5,000円くらいで素材や形によっても様々です。

その肩ベルトカバーが実は簡単に作ることができます。手作りした物は世界で一つだけですし、お母さんが作ればきっとお子さんは大喜びです。

実際、裁縫が苦手な私が簡単にランドセルの肩カバーを作成することが出来ました。今回は肩に痛みを感じる様になってきた次女の為に作成しました。おそらく痛みの原因は服装が薄手になったことと、細身な身体の為肩ベルトが直接当たるからだと思います。

モコモコの肩ベルトカバーの簡単にできる作成方法をご紹介していきます。

肩ベルトカバーの材料を紹介します

  • キルティング生地(2つ)裏表で別の生地を使用します
  • マジックテープ(2組)右と左用です
  • 手芸わたキルティングの中に入れます
  • カラー紐カバーが下に落ちないようにランドセルに結ぶ用です

他にも、チャコペン・ハサミ・定規・メジャー・ミシンを使用しました。

材料はすべて100均で売っているので、簡単に揃います。今回は全て通販で購入しました。

<作り方①>ランドセルの肩ベルトを計る

ランドセルの肩ベルトの中で、肩に近い部分の一番太い部分を計ります。約15㎝になりますが、生地がキルティングを2枚重ねの中で綿を入れる予定なので出来上がりサイズは横は20にします。

一度キルティング生地を二枚重ねのみの肩ベルトカバーを作ったのですが、子どもがそれでは痛がってしまいました。その為、中に手芸綿を入れる肩ベルトカバーに変更しました。

縦も長めに出来上がりサイズを22にします。通常なら防犯ブザーフックが隠れない18㎝くらいの大きさで大丈夫かと思います。

今回は池田屋さんのランドセルで計っています。

出来上がりサイズを縦22×20㎝にしてみました。横はランドセルを挟んで両サイドから折る形にします。縫い代を縦と横に2㎝ずつとりました。

<作り方②>型紙を作成して切る

画像の直線が斜めになっていますが、みなさんはしっかり真っ直ぐに計って下さいね。
2枚とも同じなので型紙は1枚で大丈夫です。

<作り方③>型紙に合わせて生地を切る

2枚切りましたが、これで片方の肩ベルトカバーになります。

<作り方④>縫い代を生地に書く

裏面にチャコペンで縫い代分の2を書きました。

<作り方⑤>生地をまち針で止める

 

生地はお互い裏側を外に間違えないようして下さい。まち針は私がやりやすい方法でとめました。

<作り方⑥>ミシンで縫いしろを縫い合わせる

生地を後ほどひっくり返すので、10㎝ほど縫わない部分を作って下さい。

10㎝の付近は、裏返すときにしっかり縫っておかないと、解れることがあるので気を付けましょう。

 

まち針をとめてない方を上にしてミシンで縫います。

<作り方⑦>角を切り落とします。

この作業をすると裏返した際に角が綺麗になります。

ミシンで縫ったところより奥に切ると穴があくので注意しましょう。

<作り方⑧>生地を裏返す

10㎝くらい空いている場所から生地を引っ張り裏返します。

角はまち針で引っ張って出して下さい。

直線部分も布を引っ張って伸ばして下さい。

<作り方⑨>ランドセルに合わせてみる

綿を入れる部分とマジックテープを貼り合わせる部分を確認する

<作り方⑩>空いてる場所を少しだけコの字縫いをする

マジックテープを貼る部分だけコの字縫いする。綿を入れる部分は残す。

<作り方⑪>マジックテープを貼る部分をミシンで縫い付ける

目印を付ける為にチャコペンを使用しましたが、綺麗に落ちなかったのでびっくりしました。
調べてみると『チャコ消し』という商品があるので、使用する際はそちらをご使用下さい。一応、私はチャコペンを水と綿棒で少しですが、薄くすることが出来ました。

<作り方⑫>空いてる部分から綿を入れる

綿は適量入れて下さい。うちの子は、食い込むのを嫌がったので沢山いれました。

綿を入れ際は定規で奥まで押し込みました。

あまり入れすぎるとモコモコしすぎるので、注意して下さい。

<作り方⑬>カラー紐を仮縫いします

カラー紐25㎝を空いている場所の中心部に仮縫いします。

ランドセル肩ベルトとランドセルの本体が繋がっている金具部分に結ぶ為のものです。

紐の代わりにスナップ付きテープにしても代用可能です。

<作り方⑭>空いてる部分をコの字縫いをする

<作り方⑮>マジックテープを貼り付ける

粘着用のマジックテープなので、貼るだけで大丈夫です。

  

リバーシブルなので、裏のキルティング生地でも利用出来ます。

<作り方⑯>作り方②~作り方⑮を繰り返しもう片方を作る

二つ出来れば完成で、ランドセルに取り付けます。

  

作った感想

出来上がりの感想は、キルティング生地の為、出来上がりサイズが少し思っていたより小さくなってしまいましたが、充分肩ベルトカバーとして使用可能です。

マジックテープも長さが短かったので、端の上と下に二つに分かれて貼りました。

綿を入れたことで、だいぶモコモコしてしまいましたが、充分機能は果たせていて、モコモコした部分がより肩ベルトの痛みを緩和してくれて子どもは大変気に入ってくれました。

まとめ

肩ベルトカバーからくる痛みは子どもの登下校を憂鬱にさせます。出来たら取り除いてあげたいですよね。

お母さんが作ってくれる肩ベルトカバーは世界に一つだけです。

もし、モコモコ肩ベルトカバーがイヤな場合は、キルティング生地を縫い付けるだけで肩ベルトカバーが制作出来ます。お好みにあわせて作成してみて下さい。

簡単に作れましたので、良かったらチャレンジしてみて下さいね。

-入学準備

Copyright© ランドセル 人気 , 2020 All Rights Reserved.