赤のランドセルを男の子が使っても大丈夫?

男の子に赤いランドセルはダメ?

小学校の入学へ向けてはじまるランドセル選び。

「どんな色がいいかな?」

「どんな機能があるのかな?」

入学前のお子さんがいらっしゃるご家庭にとっては、食卓を囲みながらそんな会話をするのも楽しみの一つですよね。

最近では以前に比べ選べるカラーも多く、女の子は“水色”や“茶色”など赤以外の色を選ぶ子も多くなってきました。

「じゃあ、男の子は?」っと言うと、やっぱり根強い人気があるのは黒やネイビーなど王道のカラー。

でも、実はそれ以外に“赤”のランドセルを気に入る男の子も増えてきたんです。

理由は戦隊ヒーローのヒロインは赤である事が多く、その“赤”に憧れる男の子はとても多いんです。

しかし、いざ息子さんに「赤のランドセルが欲しい!!」っと言われたらどうでしょうか?

お子さんの気持ちは尊重したいと思いつつも、戸惑うママ・パパも多いと思います。

今回は、そんな息子さんに「ランドセルの色は赤いが良い!!」と言われた時のママたち気持ち、それに対しての対応方法について先輩ママの口コミをまとめました。

そもそも男の子が赤いランドセルを使うのってあり!?

学校で指定がないのであれば、男の子が赤いランドセルを使う事はNGではありません。

しかし、6年間使うものだから慎重に選びたい・・・っと言うのが多くのママの本音でもあります。

近い将来、戦隊もののブームも去るでしょうし、その時に後悔しないランドセルの色へと優しく導いてあげたいですよね

では実際にどの様に誘導すれば、お子さんも親御さんも納得したランドセルを選べるのでしょうか?

 

ステッチや差し色として赤を使用しているランドセルを提案する

最近では黒いランドセルに赤いステッチ、フチに差し色として赤を採用しているランドセルも多く発売されています。

ランドセル自体が赤では無くても、赤があれば満足してくれる場合もあるので提案してみる価値はありますね。

自由度の高いオーダーランドセルの場合は、内側や背裏を赤にするなんて工夫も可能!!

これならママ・パパ・お子さん、それぞれ意見を出し合って納得の行くランドセルが出来そうですよね。

 

男の子が持ってもカッコいい赤いランドセルを紹介

人気のランドセルブランドから発売されている赤を基調にした男の子用のランドセルを紹介します。

全面赤いものだけでなく差し色や内張りなど赤をイメージできるランドセルを選びました。

赤いランドセル|男の子用

男の子用の赤いランドセル|フィットちゃん
ブランド フィットちゃん
モデル名 ハンサムボーイDX
価格 63,800円 57,200円(税込)
取扱店 公式サイト

 

差し色として赤を使用しているおすすめランドセル

男の子用の赤いランドセル|萬勇鞄
ブランド 萬勇鞄
モデル名 リリークレスト
価格 68,200円(税込)
取扱店 公式サイト

背裏が赤いランドセルも格好いい!!

男の子用の赤いランドセル|プーマ
ブランド セイバン(天使のはね)
モデル名 プーマ スタンダード・エディション
価格 71,500円 64,350円(税込)
取扱店 公式サイト

 

赤いランドセルカバーを購入する

男の子が赤いランドセルにした場合、高学年になるとだんだん恥ずかしく感じる場合も。

なので出来れば、黒やネイビーなど無難な色にして欲しいと思うママも多いですよね。

そんな時に、オススメなのがランドセルカバーです!!!

本来は“防水対策”“傷防止”などのために使うケースも多いですが、色を変更するためにランドセルカバーを採用するのもアリ!

赤に飽きたら、カバーを外せば良いだけなのでとっても手軽です。

赤を基調としたおすすめランドセルカバー

赤いランドセルカバー
メーカー シブヤオリジナル
価格 1,655円(税込)
取扱店 楽天

ランドセル自体の赤に抵抗があるようでしたら、カバーを赤基調のものにするというのも一手だと思います。

ダイナソー柄のランドセルカバー。赤×黒の組み合わせがカッコいい、上品なデザインです。

ビニールのカバーに比べ、やぶれにくく、耐久性も抜群です!

男の子にはもってこいのランドセルカバーですね。

 

安いのを購入し、飽きたら買い替える

どうしてもお子さんに赤いランドセルをプレゼントしたい!っと気持ちが強ければ、買い替えを前提で、安めのランドセルを買うのもおすすめ。

とくに男の子の場合は、ランドセルの扱いにも不安があったりしませんか!?

なので、あえて安いランドセルを購入し高学年に買い替えるのも良いかもしれませんね。

 

手提げ袋や上靴入れなどを赤にする

学校へ持って行くのは、ランドセルだけではありません。

手提げ袋、上靴入れ、筆箱etc...これらを赤にするのもおすすめの案のひとつ。

ランドセルよりは買い替えもしやすいので、赤に飽きてしまっても慌てる事は少ないと思います。

 

赤いランドセル選びに迷った時のポイント

子供さんと意見が対立したりランドセル選びに疲れてきたら、ちょっと息抜きしてもいいですね。

迷った時のワンポイントアドバイスを紹介しますね

先輩のランドセルを見に行く

頭の中で思い描いているより、やっぱり実際の様子を見に行くのが効果絶大!!

登下校中の時間に合わせて、お兄さんたちが背負ってるランドセルを客観的に見てみるととても参考になります。

「あの、お兄さんは黒だね〜」

「ネイビーもかっこいいよね!」

なんて声をかけながらみる事で、お子さんの視野も広まるかも!?

同時に、女の子は赤やピンクが多いのでその点について触れてあげるとより効果的です。

ランドセルを背負った姿を写真に撮って見てみる

「あんな洋服が着てみたいな〜」「スカートはこのくらいの丈がいいかな〜!?」と洋服選びで想像することってありますよね。

しかし、実際に試着してみたら“自分が思っていたイメージとは全然違った!”なんて経験をお持ちのママも多いのでは?

ランドセルも一緒で、「絶対赤がカッコいい!」と思っていても、実際に背負った姿を写真で見てみたら「黒の方がかっこよかった!!」なんてことも。

ちなみに、より冷静に判断するためには背負って鏡でみるだけではなく写真に撮って客観的に見ることをおすすめ!

そして希望の色だけでなく、黒やネイビーなど色々なパターンを撮っておきましょう。

その後、少し時間をあけてからそれらの写真を見返す事で、お子さん自身も落ち着いて選ぶ事ができるので是非試してみてくださいね。

子供とじっくり話し合う

根本的な部分になりますが「どうして赤よりも黒やネイビーが良いのか?」じっくり話し合う事も大切です。

男の子は口数も少ない子も多いので、「話しても伝わるかどうか…」っとこの部分を抜かしてしまう親御さんもいらっしゃるのではないでしょうか?

「話しても無駄かも・・・」っと思っていても、知らない間にお子さんはちゃんとママの言っている事を理解できるようになっているかも!?

じっくり話し合いをせず、話を進めている親御さんがいらっしゃれば、ぜひ一度お子さんと向き合う時間を作ってみてはいかがでしょうか?

 

赤いランドセルと男の子 まとめ

これまで小学生になる実感が少なかったお子さんも、ランドセル選びを通して小学生への意識がグンとアップする子もいます。

だからこそ、ランドセル選びはお子さんの意見を尊重してあげたいものですよね。

しかし、人生経験が豊富だからこそママ・パパの意見もとっても大事。

最近は、男の子向けの赤いランドセルを販売しているメーカーも徐々に増えています。

ランドセルはちょっとしたデザインや、色のトーンでイメージが全然異なります。

「これなら赤でも良いかも!!」っと親御さんが納得できるランドセルに出会えるかも!?

小さなお子さんと折り合い地点を見つけることは難しいですが、とっても高い買い物&長く使うものなのでぜひじっくりお子さんと向き合って
双方が納得の行くランドセルを見つけて下さいね。

-カラー
-

Copyright© ランドセル 人気 , 2020 All Rights Reserved.